三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAクラシックカード

国際ブランドに世界シェアNo.1のVISAを採用したステータスカード。有料の年会費を無料にすることも可能。

三井住友VISAクラシックカードの特長

初年度年会費が無料、翌年度以降も割引特典を用意

翌年度以降も利用金額に応じて無料・割引になる特典を用意。マイ・ペイすリボへの登録と年1回以上の利用で年会費が無料に。

海外旅行傷害保険が付帯

最高2,000万円の海外旅行傷害保険が利用付帯。「三井住友VISAクラシックカードA」には、国内旅行傷害保険も自動付帯。

ショッピング補償付き

海外での利用分、国内でのリボ払い・3回以上の分割払い利用分は、最高100万円のショッピング補償が付帯。

三井住友VISAクラシックカード
三井住友VISAクラシックカードの審査・メリット・デメリット
詳しく見る

三井住友VISAクラシックカードの基本スペック
国際ブランド
本人年会費 初年度 0円
2年目以降 1,250円
年会費割引特典

カードご利用代金WEB明細書サービスの利用で500円割引
前年度の利用金額が100万円以上300万円未満で半額、300万円以上で無料
マイ・ペイすリボへの登録と年1回以上の利用で年会費無料

家族年会費 1人目 400円
2人目以降 400円
利用限度額 10万円 ~ 80万円
支払方法

1回払い
2回払い
分割払い
リボ払い
ボーナス一括払い

締め日 毎月15日または月末
引き落とし日 翌月10日または翌月26日
キャッシング手数料
入会資格 18歳以上(高校生を除く)の方。
発行期間 最短3営業日
三井住友VISAクラシックカードの付帯サービス
電子マネー iD、PiTaPa、WAON、Visa payWave
ポイントサービス ワールドプレゼント(1,000円毎に1ポイントを付与)
ポイントモール ポイントUPモール

ボーナスポイント
マイ・ペイすリボ

「マイ・ペイすリボ」の登録で、リボ払い手数料の請求付きは2倍ポイントを付与

ステージ制ポイント

前年度の買物累計金額300万円以上:50万円で150ポイント、以降10万円ごとに30ポイント

前年度の買物累計金額100万円以上300万円未満:50万円で75ポイント、以降10万円ごとに15ポイント

前年度の買物累計金額50万円以上100万円未満:50万円で50ポイント、以降10万円ごとに10ポイント

ポイントUPモール

「ポイントUPモール」経由でのショッピングは、2~最大20倍のポイントを付与

ポイント還元 商品券・景品
ポイント還元率 0.5%
ポイント有効期限 2年

マイレージ
提携マイレージ ANAマイレージ、クリスフライヤー、クラブ・ミッレミリア
交換レート 1ポイント→3マイル
移行単位 100ポイント以上、100ポイント単位
移行手数料 無料

ETCカード
年会費 初年度無料、2年目以降540円(1年に1回以上のETCカード利用で翌年度は無料)
割引特典
三井住友VISAクラシックカードの付帯保険
海外旅行保険
付帯条件 利用付帯
死亡・後遺傷害 2,000万円
傷害治療 50万円
疾病治療 50万円
携行品損害 15万円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 100万円
その他
ショッピング保険 年間100万円(対象:海外での利用、国内でのリボ払い・分割払い(3回以上)の利用)

三井住友VISAクラシックカードのボーナスポイント

リボ払いで2倍ポイント

毎月の支払額を自由に設定できる「マイ・ペイすリボ」へ登録し、リボ払い手数料が発生した月は、通常のワールドプレゼントのポイントと同等のボーナスポイントを付与。

ステージ制ポイント

前年度の買物累計金額が300万円以上の場合:50万円の利用で150ポイント、以降10万円利用ごとに30ポイントを付与。

前年度の買物累計金額が100万円以上300万円未満の場合:50万円の利用で75ポイント、以降10万円利用ごとに15ポイントを付与。

前年度の買物累計金額が50万円以上100万円未満の場合:50万円の利用で50ポイント、以降10万円利用ごとに10ポイントを付与。

三井住友VISAクラシックカードは、「マイ・ペイすリボ」への登録がお得

三井住友VISAクラシックカードは、毎月の支払額を設定できるリボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」に登録すると4つの特典が提供される。

  1. 初年度の年会費が無料
  2. 年1回以上のカード利用で翌年度以降も年会費が無料
  3. ワールドプレゼントのポイントが2倍

「マイ・ペイすリボ」に登録すると、初年度の年会費が無料になり、年1回の利用で翌年度の年会費も無料になるメリットがある半面、リボ払いサービスなので金利・手数料が発生してしまうデメリットがある。これは、リボ払い利用枠の設定をしないことで回避できる。リボ払い利用枠の設定をしない場合は、金利・手数料の発生しtない通常の1回払いとなるからだ。

「マイ・ペイすリボ」の登録時に、リボ払い利用枠の設定をしないことで、金利・手数料がかからず年会費を無料にすることができる。

三井住友VISAクラシックカードAは国内旅行傷害保険が自動付帯

ワンランク上の三井住友VISAクラシックカードA(本人年会費:1,500円、家族年会費:550円)には、海外旅行損害保険に加えて国内旅行傷害保険が自動付帯する。

三井住友VISAクラシックカードAの国内旅行傷害保険
国内旅行損害保険
付帯条件 自動付帯(利用付帯)
傷害死亡・後遺傷害 300万円(1,700万円)

その他の付帯サービスは「三井住友VISAクラシックカード」と同じになる。国内旅行が多い方は、「三井住友VISAクラシックカードA」を選ぶとよいだろう。

更新日: