楽天カードの審査とメリット・デメリット

更新日:

楽天カードは、年会費が永年無料のクレジットカード。マイボイスコムの調査では、所有クレジットカード部門で2位、最頻利用クレジットカード部門で1位に輝いている人気のカードだ。

最頻利用クレジットカード
クレジットカードのブランドイメージ(第8回)

楽天カード
楽天カード
年会費: 無料
ポイント還元率:1%
JCB
詳細情報を確認

もくじ

楽天カードのメリット

ポイント還元率1%の高還元率カード

楽天カードのポイントプログラム「楽天スーパーポイント」は、100円ごとに1ポイントが貯まり、貯めたポイントは1ポイント1円換算で使うことができる。ポイント還元率は一般のカードの2倍の1%となり、メインカードとしての魅力も十分だ。毎月開催されるさまざまなキャンペーンを利用すれば、さらなる高還元が期待できる。

ポイント加盟店での利用は最大3倍ポイント

全国のポイント加盟店で楽天カードを利用すると楽天スーパーポイントが通常の2~3倍貯まる。獲得したポイントは翌月もしくは翌々月の10日ごろまでに付与される。加盟しているチェーン店とポイント付与率は以下の通りになる。

ポイント2倍店舗

エネオス、キズキレンタルサービス、メガネストアー、てもみん・グローバル治療院、ヘアメイクsolidplace、ハート引越センター、G・O・Gパソコン修理・データ復旧、日本戸建管理 家ドック会、大江戸温泉物語

ポイント3倍店舗

タイヤセレクト、タイヤランド、紳士服のコナカ、紳士服のフタタ、SUIT SELECT、KONAKA THE FLAG、ビジョンメガネ、エースコンタクト、スーパーギターショップ Big Boss、家具・インテリアのルームズ大正堂、インテリアショップSTYLICS、さかいやスポーツ、JEUGIA、エステティックTBC、MEN'S TBC、HAIR&MAKE FUSE、リフレッシュ工房オズ、美容室センス、ビューティシオン、アリさんマークの引越社、アート引越センター、サカイ引越センター、大江戸温泉物語、複合カフェリラックス

ポイント加盟店の中で日常的に利用できるのはエネオス(ENEOS)のサービスステーション。エネオスが発行している年会費実質無料のクレジットカード「ENEOSカード S」は、ガソリン・経由が1リットルにつき2円引きになるが、10リットル以上の給油でガソリン価格が105円から110円を超えている場合は、ポイント2倍で還元率2%の楽天カードの方がお得になる。

ポイントが最大10倍になる豊富なキャンペーン

楽天カードでは毎月さまざまなキャンペーンを開催してボーナスポイントをプレゼントしている。

ポンカンキャンペーン

期間中に利用した対象サービスの数によってポイントが最大4倍になるキャンペーン。

対象サービス:楽天市場、トラベル、ブックス、ケータイ、楽天GORA、楽天kobo

5サービス以上の利用でポイント4倍

4サービスの利用でポイント3倍

3サービスの利用でポイント2倍

楽天カード感謝デー

定期的に週末に開催されるキャンペーン。キャンペーンにエントリーし、楽天市場での決済に楽天カードを使うとポイントが3倍(還元率3%)になる。

ポイント優待キャンペーン

カード会員限定で月2回程度開催されるポイント優待キャンペーン。キャンペーンページに掲載されたショップで楽天カードで決済すると最大10倍のポイントを付与する。

プラチナ・ゴールド会員:10倍

シルバー会員: 5倍

その他の会員:3倍

ポイント山分けキャンペーン

キャンペーン期間中にエントリーし、楽天カードを利用すると、楽天スーパーポイントを山分けでもれなくプレゼントする。楽天カード10周年記念の山分けキャンペーンでは3,000万ポイントが山分けされた。

楽天スーパーポイントはポイント交換の必要ナシ

楽天カードのポイントシステム「楽天スーパーポイント」は、貯めたポイントを交換することなく使用できるのが特徴。他社のカードのように、貯めたポイントを交換する際の手間や、交換時にポイント還元率が下がってしまうなどデメリットがない。貯めたポイントは、楽天市場やRポイントカード加盟店で商品を購入するときに1ポイント1円相当で利用することができる。

楽天スーパーポイントは有効期限が実質無期限

楽天カードで獲得した楽天スーパーポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得した月を含めた1年間。1年間新たにポイントを獲得しないとポイントは執行するが、1年に一度でもポイントを獲得すればポイントの有効期限が切れることがない。つまり、1年に1回でも楽天カードを利用すれば、有効期限が切れないので実質無期限でポイントを利用することができるのだ。

ポイント2倍、予約で100ポイントもらえる楽天ダイニング

楽天ダイニングとは、楽天カードで外食をすると楽天スーパーポイントが2倍になるグルメサービス。楽天ダイニング加盟店での飲食代を楽天カードで決済するとポイントが2倍貯まる。さらに、ポイントが最大10倍貯まるキャンペーンが定期的に開催される。

加盟店は「楽天ダイニング」のWebページで検索できるほか、スマートフォンアプリも配信しており、GPS機能を使って現在地周辺の加盟店の検索、ジャンルや予算で絞り込んだ検索も可能だ。

カードの提示で楽天スーパーポイントが貯まるRポイントカード

Rポイントカードとは、Rポイントカード加盟店での買い物で楽天スーパーポイントが貯まるポイントカード。貯めたポイントは加盟店で使うことも可能だ。

サンクス・サークルK、出光サービスステーション、大丸・松坂屋、ミスタードーナツ・PRONTOなどで利用でき、100円につき1ポイントから200円につき1ポイント程度のレートでポイントを貯めることができる。2015年末までは毎週金・土曜日はポイントが2倍になるのでポイント還元率は1倍から2倍になる。

Rポイントカードは、加盟店で配布している。カードを受け取ったらWebでRポイントカードの利用登録ページにアクセスして楽天会員IDでログインし、カード裏面に記載されているRポイントカード番号とセキュリティコードを入力して利用登録を済ませると、全国のRポイントカード加盟店で楽天スーパーポイントを利用できる。

Rポイントカードはカードのほかにスマートフォンアプリも配信している。アプリを利用すれば、現在地周辺のRポイントカード加盟店を探すことができる。アプリを利用すると初回ログイン時に楽天スーパーポイント100ポイントがもらえるほか、毎週水曜日はアプリの提示で1,000円以上の買い物はポイントが2倍になるキャンペーンを2015年末まで開催している。

Rポイントカードを使うと、期間限定ポイントが使えるメリットがある。通常ポイントと期間限定ポイントを保有している場合は、期間限定ポイントから優先して消費されるようになっているので、コンビニなどを利用すれば少額の期間限定ポイントでも無理なく消化することが可能だ。

ポイントの2重取りができる楽天チェック

楽天が配信しているスマートフォンアプリ「楽天チェック」を利用するとポイントの2重取りが可能になる。

楽天チェックは店舗に行くだけで楽天スーパーポイントが貯まる無料アプリ。サンクスやサークルKなど全国約1,500店舗で利用できる。

アプリの地図機能を使ってポイントが貯まる店舗を探し、店舗に着いたら指定されたエリアでアプリのボタンをタップすると楽天スーパーポイントが貯まる。楽天カードを使って買い物をするとさらにポイントが貯まるのでポイントの2重取りもできてしまう。

アプリの紹介ページでは「すぐ500~1,000ポイント貯まります」と紹介されている。楽天チェックでは定期的にキャンペーンを開催しており、最大5,000ポイントを貯めることも可能だ。

コーヒー・紅茶がいつでも半額になる楽天カフェ

楽天カフェは、楽天市場の人気スイーツをラインナップしたカフェ。無料Wi-Fiやタブレット、全席の電源を完備しスマートフォンの充電器の貸し出しも行っている。

楽天カード会員は、楽天カードで決済するとコーヒーと紅茶が半額になる。また、楽天チェックアプリをインストールしていれば来店するだけで楽天スーパーポイントが貯まる可能性がある。

2015年7月現在、店舗は東京渋谷と世田谷区玉川の2店舗のみだが、状況を見ながら全国展開も考えているようだ。

楽天カフェに三木谷氏「思ったより出来がよい」--2号店、3号店も

海外旅行傷害保険

楽天カードには最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯する。付帯方式は、楽天カードで旅行代金を支払うと保険が適用される利用付帯だ。

ケガ・病気による入院費等を補償する傷害治療・疾病治療も200万円が付帯する。そのほか、バッグやスマホなどの持ち物が盗まれるなどの損害を補償する携行品損害が20万円、他人に与えた損害を補償する賠償責任が2,000万円、旅行中の遭難などでの捜索費や家族の現地渡航費を補償する救援者費用は200万円付帯する。

楽天カードのデメリット

ETCカードが有料

ETCカードを発行する場合は500円の年会費が必要になる。ただし、楽天Point Clubの会員ランクがダイヤモンドもしくは、プラチナの場合は無料になる。ETCカードが必要な方は、楽天カードをメインカードにして、「ライフカード」などETCカードも無料で追加できる年会費無料カードをサブカードとして持つとよいだろう。

利用明細書の発行が有料

カードの利用明細は、会員専用のオンラインサービス「楽天e-NAVI」から確認するWEB明細サービスを基本にしている。紙の利用明細書を発行する場合、1回につき80円(年間960円)の手数料がかかる。

利用明細は「楽天e-NAVI」のほかにスマートフォンアプリ「楽天カード」でも確認できる。アプリにはその他に以下の機能がある。

家計簿機能

カード利用分に加え、現金での支払いも管理できる。レシート読取機能を使えばカメラでレシートを撮影するだけで購入品目や価格を自動登録できる。

お得店舗の検索機能

現在地周辺で割引クーポンを発行している店舗の検索が可能。

ATM検索機能

地図機能を使ったATMの検索が可能。

楽天e-NAVI機能へのアクセス

楽天e-NAVIの機能にアクセスが可能。開催中のキャンペーンなどを確認できる。

強制解約される可能性がある

楽天カードは延滞などをしていなくても強制解約されるという噂がある。 楽天e-NAVIにアクセスすると(エラーコード:2)表示されアクセスできなくなり、利用停止に追い込まれてしまう。

年会費が無料でポイントサービスが充実している楽天カードは、少しでもリスクを減らすために会員の信用情報を厳しくチェックしているようだ。キャッシングを限度額まで利用したり、他社カードでもキャッシングを利用している場合は、強制解約されるリスクが高くなるので注意が必要だ。

エラーコード2に関するQ&A

楽天カードの審査

入会資格は、「楽天会員に登録済みで、18歳以上で日本在住の方」。主婦・パート・アルバイト・学生(高校生は不可)の方でも申し込むことができる。

収入のない主婦やアルバイトでも申し込むことができるので、クレジットヒストリーに問題がなければ比較的安易に発行できるだろう。ただし、入会後も会員の信用情報を厳しくチェックし、強制解約される場合もあるので、使いすぎや限度額いっぱいのキャッシングは避けたほうがよいだろう。

楽天カードにおすすめのサブカード

ライフカード
ETCカードを無料発行
誕生月5倍ポイントで還元率2.5%
ポイントは最大5年間有効